from ケンケンの風俗探検隊!

吉原とは江戸時代に作られた遊郭や遊女屋のいひしめき合っていた街の一部を指す地名で当時幕府からの公認を受けていたそうです。

1617年前に日本橋近辺に数多く店舗が存在していたそうですが1657年の大火災で移転を余儀なくされ浅草に移転。

そのためはじめにあった日本橋人形町近辺を今でも旧吉原と呼ぶこともあるそうで逆に移転後の吉原を新吉原と呼ぶそうです。

現在は吉原といいその殆どが後者を指すようです。

江戸時代の吉原から一般の生活地域とは隔離されておりその名残から風俗店が多く出店している地域を「赤線地域」と現在でも呼ぶようです。

また吉原では度々大火災を引き起こし大きなものだけでも8回も大火災を起こしたと言われています。

現在でもソープランド店を多く出店している地域はいくつかあり東京の吉原の他に岐阜の金津園や兵庫の柳原、福岡の中洲、北海道のすすきの等他にもいくつも存在していてそのどれもが赤線地域や売春地域と総称で呼ばれることがあり、そのどれもが一種雰囲気の違う街の感じを受けます。

他にも大正時代に形成されて出来上がった大阪の飛田新地や松島遊郭も存在するがこちらは一見一見さんお断りの高級料亭の店構えの様だそうです。

上野 風俗⇒東京でソープといえば吉原ですが、そちらの情報も充実している情報サイトです

【高級ソープってどんなとこ?】

ソープランドに通い慣れた男性客でもいつかは高級ソープへ行ってみたいと思いを馳せている方も多いのではないでしょうか。

通常のソープランドと少し違っている点をここでお話してみたいと思います。

高級ソープではまず1回の設定利用時間が120程度と一般ソープの1時間半に比べると30分ほど長く利用出来る。

料金も平均5~6万円と通常のソープに比べてみると正直高い感じはするが一般のソープの入室後に入浴とちがって高級ソープではソープ嬢と顔合わせ後に即生尺八(生フェラチオ)、即ベットをメインにしているところが大きく違う。

ただ、あまりにも体臭がきつかったり不潔とみなされた場合はコンドームを着用しての尺八となったり体を洗ってからサービスを行う場合もあるので業界用語で言う「即即サービス」を受けたい男性客は入浴等で体をきれいにしてから入店したほうがいいでしょう。

また、高級ソープはソープで行うプレイの技術が突出している熟練のソープ嬢も多く在籍しておりプレイ面の優遇を指す場合とソープ嬢の容姿を指す場合とどちらもあるので必ず若いソープ嬢が相手をしてくれるわけではありません。

東海地方でソープといえば金津園がソープ街として有名ですね。

金津園 ソープ求人⇒こちらはソープなどの風俗アルバイト情報が充実しています。

 

ソープ以外にも風俗はたくさんの業種がありますが、吉原は基本的にソープのみです。

ほかの業種で遊びたい方は町田 風俗など、他のエリアで楽しんでください。

また、デリヘルで働くなら、四日市 デリヘル求人などがあります。

最近はデリヘルなどが業界でも伸びていて、店舗型のソープやヘルスは新しく作れないこともあって数も少ないですが、いろんな業種を経験してみてくださいね。